教育勅語

About

EUは始まった時から崩壊の道を歩む

牧先生は、東西ドイツの統一、ソ連邦の崩壊などを予測されていたが、EUについても、うまくいかないだろうと、予言されていた。

現在、英国の離脱の話が出ているが、いずれにせよEUは崩壊するのだろう。

牧正人史先生の研究を引き継がれている方のサイトです。

在りし日の牧正人史先生

牧先生写真このページは、建設中です。

ここまで読めばみなさんもお気づきのように、現在の浮華景気で稼いだお金を大事に蓄えておき、現金の価値が年を追い月を経るほどに高まっていくことを確信し、

ここまで読めばみなさんもお気づきのように、現在の浮華景気で稼いだお金を大事に蓄えておき、現金の価値が年を追い月を経るほどに高まっていくことを確信し、長期不況が続くあいだは、自力で蓄えた底力をもって乗り切ることを覚悟するようほかに道はないのである。すなわち、長いあいだをかけて辛抱をし浪費を省き、努力して蓄えてきた底力が多くて逞しいほど、長期に渡らう不況期といえども乗り越えていける可能性が高まるのである。

 

要するに、蓄えや備えが出来ておれば”お金がお金を産んで増やす”という法則が働くので、自ら不況に挑戦する意欲が高まって自身も強まれば自図から良い知恵も湧いてくるという好循環をきたすのである。このことが納得できれば、あすの予測のできない経済学者たちが「消費拡大こそ景気浮揚策」という論評を声高に唱えているのを聞いても、”それば間違っている”を言うことを見破り、その口車に乗せられることなく従来の浪費を大幅に見直し、来るべき長期不況に備えて倹約に務めることができるであろう。

「これからの長期不況に備えて、現在の好況期から万全を期す」

この本を書いたのは、以上に述べた最悪の未来シナリオを念頭にいれ、ひとりでも多くの読者が「これからの長期不況に備えて、現在の好況期から万全を期す」という、自覚をもっていただくために書いた。そこで目前に迫った長期不況期に対してどのような考え方をもち、いかに対応していくかについて、要点をさらに具体的要点を項目別に以下のようにまとめて述べた。

 

(1)当面の課題は現在、最高値圏にある株や商品・金・不動産などは、機をみて早々に売却・整理することをお勧めする。これから長期(デフレ)不況が大底を打てば、やがて反動的にハイパーインフレが巻き起こるのは必至である。長期(デフレ)不況が底を打つまでは、ごく一部の商品を除いて大半の物価は下落を続けるので、何よりも現金の価値が年を追い月を経る程に高まっていく。この流れを肝に銘じて対処をしてもらいたい。前にも述べたが「お金を貯めるときは、長い年月をかけ額にに汗して働き、コツコツと少しずつ貯め続ける。だが、お金を失うときは、奇禍にあえば半年か一年の間に失ったり、一瞬の勝負で呆気なく失う」こともある。

まだ、これも前に述べたが、これから数十年に及ぶ未曾有のながい不況期に入れば、国家財政は十年をすぎれば破綻に瀕する。その結果、我々国民は如何に困窮に貧しても、国家から経済的な保護を受けることは極めて難しくなる。如何に泣いても騒いでも”無い袖は振れない”のが現実の限界であることをよく認識しておきたい。従って、国家から経済的保護が減少して期待できないとすれば、自分で蓄えた資産やお金のみが唯一の頼みの綱となる。

(4)この本に掲載されている”日本の将来10年グラフ”を見てわかるように、有史以来未曾有という現在の景気は崩壊する。

(4)この本に掲載されている”日本の将来10年グラフ”を見てわかるように、有史以来未曾有という現在の景気は崩壊する。その景気崩壊の要因は、急激に発生する株価の大暴落が引き金となり、無効10数年間は、不動産価格が年を重ねるごとに崩落の度を深め、底なし状態となって下落を続けることになろう。このため銀行や企業は、株価損や資産評価損が雪だるま式に膨らみ、合併や倒産が後追い式に激増することになろう。

また、これが一般消費の冷え込みを誘い、企業業績のさらなる悪化を招いて失業者を年々急増させるなどなど、これらの悪循環が慢性的状態に陥って大きな社会不安が高まる。それにつれて、年金・医療・失業基金などなど、公私にわたる保険制度の瓦解が危惧され、政府や議会はこれらの至難な対策の見直しを迫られる。だが、その抜本的解決は見いだせず、延々と長期にわたって悩まされることになろう。

しかし、政府も最も苦悩する難題は、景気浮揚策が例年化することで国債の増発も慢性化し、巨額の累積赤字が年を追うごとに増加し続けることだ。やがて国家財政は緊急の不況対策に追われるようになり、やりくりに窮したあげく破綻状態の陥り、そのつけとして迫り来るハイパーインフレの影に怯えることになろう。以上の諸々の難題は、場当たり的に処理され、何ら根本的解決を見ることなく先送りされるという悪循環に陥ることになろう。